人はみな 知らないものは 欲しがらない! 
〜ブランディング〜

ブランディング

お客様の心に代替不可能な価値を築く手段

ブランドは信用と時間の積み重ね

ブランディングとは、競合との差異を、はっきりと示し自社の製品を独自の存在としてお客様の脳裏に記憶していただくための施策です。

『ブランディング』とは?
お客様の心に企業名や自社の商品やサービスを、独自の存在として認識させ、競合との違いを明らかに示すためのプロセス

多くの人は高級牛肉の代名詞と言われる神戸牛に惹かれるでしょう。

神戸牛は「他の牛肉より高価でも食べる価値がある」と人々に認知されているからブランドなのです。

人は知らない商品には触手が動きません。しかし、誰もが知る神戸牛、松阪牛、近江牛などのブランド牛は、一夜にして生まれたものではありません。生産者たちが長い年月と労力をかけて肥育し、他の産地では得られない特別な価値によって競争優位性を獲得し、今日の信用を築き上げたのです。

つまりブランドとは、信用と時間の積み重ねによって生み出される価値の総体です。

ブランドは利益を生み出す大事な資産

国家は、独立時に世界に認知してもらうために国名と国旗を制定します。

企業も同じです。ブランディングの目的は、未知のお客様に存在を知ってもらうことと、お客様の心に「あの会社の商品なら大丈夫!」という信用を醸成するためです。

そのためには、まずお客様に、自社の商品やサービスに対する思いや競合との違いを、ストーリーのようにわかりやすく伝え、あらゆる顧客接点で一貫したイメージをアピールすることが必要です。リアルかネットかを問わず、お客様と接する顧客接点で一貫性を維持することでブランドの強度が増します。

2011年、セブンイレブンは、バラバラだった商品のロゴやパッケージデザインを統一しました。お客様は、個々の商品は違っていても、一貫性を保つことで、その背後にあるセブンイレブンのブランドが際立つことを体感します。

ブランドイメージを刷新した、この年のセブンイレブンの既存店売上高の伸び率は、約7%と前年の約2%を更新しました。

ブランドはバランスシートに載らない資本です。しかしブランドの価値は、自社の信頼感の向上の証として利益として実を結びます。ブランドへの投資は、企業の持続的な成長と競争優位を築くための重要な要素となります。

コラム  昭和の名レスラーの必殺技

ブランドの語源は、自分の所有する牛を他人の牛と区別するための焼印 カーフ ブランディングです。

さて、昭和の名レスラー ディック・マードックの必殺技はカーフ ブランディングです。格闘センスに長けたマードックだからこそ仕掛けられる難易度の高い荒技です。時が流れても「マードックといえばカーフ ブランディング」とファンの記憶に残るブランディングのお手本です。

参考資料

フィリップ・コトラー、ケビン・ケラー『マーケティングマネジメント』(丸善出版部) 

鈴木敏文『鈴木敏文のCX入門』(プレジデント社)

片平秀貴『パワー・ブランドの本質』(ダイヤモンド社)

石井淳蔵『ブランド 価値の創造』(岩波書店)