みんなとは 違うモノで 得る優越感

3分でわかる『スノッブ効果』

「みんなに差をつけたい!」この時、あなたの心はこう動く

選ばれた人だけが手にする優越感

『スノッブ効果』とは、他人と差をつけて「私だけ」という優越感に浸りたいという人間心理です。

『スノッブ効果』とは?
 自分が他人とは違うという優越感に浸るために他人の持っていないモノや他人が容易に入手できないモノや情報を手に入れたいと感じる心理

人は「流行に遅れまい」とみんなが持っているモノを求める一方で、みんなとは違うモノが欲しくなります。その心の奥底に隠れているのが優越感です。優越感を満たすために、みんなが羨ましがる予約しても数か月待ちを謳うレアな商品を入手したり、知る人ぞ知る隠れ家的名店に足繁く通います。

さて、京都と東京に店を構える『村上開進堂』のクッキーは、入手できるまでの難易度の高さから「幻のお菓子」として知られる銘菓です。

京都の店では、クッキーを予約してから手に入るまでに3か月から半年掛かります。東京の店は、さらにハードルが高く「一見さんお断り」です。クッキーを購入するためには既存のお客様からの紹介が必要です。しかも紹介できるお客様の数が限られています。

このように不特定多数ではなく特定の人だけに販売する手法が『クローズドマーケット』です。

『クローズドマーケット』とは?
 

会員制や紹介制といったかたちを取り特定の個人に販売する手法

『村上開進堂』は、あえて入口を閉ざし、顧客を選別することで商品の価値を高め、揺るぎないブランド力を保持しています。

優越感 なんとも複雑な 胸のうち

人は理屈ではなく心で動きます。マーケティングを成功させるためには、人の心を理解することが必要です。

食通の間で知られる料理店がメディアに紹介されて行列ができた途端、常連客の足が遠のくことがあります。

常連客が不合理な行動を取る理由は、自分が応援してきた店が繁盛するのが嬉しい反面、みんなに店の存在を知られたために「私だけが知っているお店」という優越感が損なわれたからです。

お店の利益に貢献する常連客の離脱を防ぐには、常連客の心に優越感を取り戻すことです。お客様だけに特別先行販売常連様だけの 限定裏メニューというように、一般のお客様との差別化を図り、優越感を満喫してもらうことが有効です。

参考文献
 池上彰監修『池上彰の行動経済学入門』(学研プラス)

『全国とっておきのお取り寄せカタログ』(朝日新聞出版)