みんなとは 違うモノで 得る優越感

少数の法則

3分でわかる『スノッブ効果』

あの人が 持ってないモノが 欲しいモノ

レアなモノに価値を感じる 胸の内

人には他人と差別化して「私だけ」という優越感に浸りたい心理が生じることがあります。この心理を『スノッブ効果』といいます。

『スノッブ効果』とは?
 他人と差別化して「私だけ」という優越感に浸りたい心理

『スノッブ効果』が働くと、人はレアなモノに心を惹かれます。あなたもこんな商品が入手できたら優越感が満たされるのではないでしょうか?

予約しても数か月待ちの商品

会員制で期間限定販売される商品

さて、入手できるまでのハードルの高さから「幻のお菓子」として知られているのが、京都と東京に店を構える『村上開進堂』のクッキーです。

京都の店では、クッキーを予約してから手に入るまでに3か月から半年掛かります。東京の店は、さらに難易度が高く「一見さんお断り」です。クッキーを購入するためには既存のお客様の紹介が必要です。しかもお客様が紹介できる新規顧客の数が限られています。

『村上開進堂』のクッキーは、“既存顧客から紹介された人のみが購入ができる”というように、不特定多数ではなく、特定の人だけに販売する手法『クローズドマーケット』を取っています。

『クローズドマーケット』とは?
 会員制や紹介制といったかたちを取り特定の個人に販売する手法

『クローズドマーケット』は、他人との差別化願望と限られた人だけが得られるという優越感を突いた販売手法です。『村上開進堂』は、顧客を選別することで価値を高め、揺るぎないブランド力を保持しています。

いち抜けた!ブームに背を向け 離れる理由

あなたは自分が贔屓にしている店に、人気が出て行列ができた途端に足が遠のいてしまうことがないでしょうか?

その理由は、みんなに店の存在を知られて人気が出た途端に「自分だけが知っているお店」という優越感が損なわれるからです。

こうした事態を防ぐには、常連客を優先することで他のお客様と差別化を図り優越感を感じて貰うことが必須です。

お客様だけに特別先行販売

常連様 限定サービス

他人との差別化願望から生まれる『スノッブ効果』には、常連客を繋ぎ止める力があります。

人は「流行に遅れまい」とみんなに支持されるモノを求める一方で、他人との差別化願望が芽生え、みんなとは違うモノが欲しくなります。この『スノッブ効果』こそが、人が他人を意識して生きていることの証しです。


COLUMN 推して来たアイドルが売れて遠くなる
  売れない時代から応援してきたアイドルが、メジャーになるにつれて、なんだか遠い存在になり熱が冷めることがあります。

応援してきたアイドルが人気者になり「嬉しいけど、なんだか淋しいなぁ」という複雑な心理は『スノッブ効果』の影響です。

参考文献
 池上彰『池上彰の行動経済学入門』(学研プラス)

『全国とっておきのお取り寄せカタログ』(朝日新聞出版)