みんなとは 違うモノで 得る優越感

3分でわかる『スノッブ効果』

「みんなに差をつけたい!」この時、あなたの心はこう動く

人はみな優越感を満たしたい

人は他人の持っていないモノを入手して、優越感を満たしたくなることがあります。「これを手に入れたらアイツに自慢できるな」と考える心理が『スノッブ効果』です。

『スノッブ効果』とは?

人とは違う商品を入手して優越感を満たす心理

『スノッブ効果』が生まれる心の裏側には、他人との差別化願望があります。

選ばれし人のみが手にする優越感

幻のお菓子と知られる『村上開進堂』のクッキーは、予約してから手に入るまでに京都の店では予約してから3ヶ月から半年掛かります。

東京の店は、さらにハードルが高く「一見さんお断り」です。購入にはお客様の紹介が必要で、しかも紹介できるお客様の数に制限があります。

このように特定の人のみに販売する手法を『クローズドマーケット』といいます。

『クローズドマーケット』とは?

会員制や紹介制といったかたちを取り特定の個人に販売する手法

『村上開進堂』は、あえて入口を閉ざし顧客を選別することで価値を高め揺るぎないブランド力を保持しています。

コラム 『バルス祭り』に一抜けた

2000年代前半から始まった『天空の城ラピュタ』がテレビで放送される際の「バルス祭り」。一部のネットユーザーがネット空間で“知る人ぞ知る優越感と連帯感”で密かに盛り上がったイベントです。

しかし、多くの人に知れ渡り企業が便乗した途端、ブームを仕掛けたファンの熱は冷めてしまいました。この心理も『スノッブ効果』の及ぼす現象です。

参考文献

池上彰監修『池上彰の行動経済学入門』(学研プラス)

『全国とっておきのお取り寄せカタログ』(朝日新聞出版)