無意識の意識に 人は操られ

プライミング効果

3分でわかる『プライミング効果』

なんとなく 買った理由は これだった

無意識に誘導されるわが心

人は事前に見聞きした情報を思い浮かべ意思決定をします。この連想メカニズムを『プライミング効果』といいます。

『プライミング効果』とは?
 事前に見聞きした情報によって、無意識の内に物事を思い出しやすくなったり、その後の判断や行動に影響を受ける行動心理

人は理屈ではなく心で動きます。マーケティングを成功させるためには、人の心を理解することが必要です。

人が物を買う時には、テレビCM、新聞や雑誌で読んだ記事やネットの書き込み、知人との会話など脳内の記憶に残っている先行情報に刺激されて購入することがあります。

あなたには「あっ、これって雑誌で紹介していた最近人気のバッグね」というように、過去に知った情報を、ふと思い浮かべて商品を購入した経験はありませんか?

バッグを目にしたあなたは、すでに脳内に記憶されている情報に引き寄せられて購入したのです。この時のあなたの心が『プライミング効果』の基本原理です。

何気ない 問いかけ一つで 心が動く!

人の最大の欲求は、“健康で安心していきいきと人生を送ること”です。人が健康や安心というキーワードから想起する商品が健康食品です。

あなたは普段から健康に注意していますか?

お客様は、商品を売り込まれることを好みません。お客様に直接商品を売り込まずにアンケートを用いて商品への関心を持たせる手法があります。健康食品メーカーのアンケートの中の、何気ない問いかけは、お客様の脳内に「健康」というキーワードを先行情報として植え付け、意識を健康食品の購入へと向けさせる効果があります。


「健康が一番」という意識を植え付け購入に目を向けさせます。

「やっぱり健康が一番だからなぁ」と商品の必要性を無意識に感じさせることで「健康によい食品を摂ろう」という意識が芽生えます。『プライミング効果』を上手に生かせば、消費者に「あっ、買わされた」と感じさせずに、自然に購入するパターンを作ることができます。

参考文献
 

ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 』(早川書房)

リチャード・セイラー『実践行動経済学の逆襲』(日経BP)