時として自分の脳に騙される!

3分でわかる『ヒューリスティクス』

自分の判断を疑え! 人は直感で正しい答えを出せるのか?

直感で判断するとミスを呼ぶ

人が熟慮と熟考を重ねずに記憶の中の思い込み・先入観・経験則を元に直感で瞬間的に判断を下す思考を『ヒューリスティクス』といいます。

『ヒューリスティクス』とは?

自分の記憶にある偏見や思い込みから直感で瞬間的に判断を下す思考

倍速モードのような『ヒューリスティクス』は、バイアスと呼ばれる経験則や先入観から答えを導こうとするため思わぬ判断ミスを招くことがあります。

人はステレオタイプで判断する

人は、世の中のステレオタイプを判断に用いてミスをします。これが『代表性ヒューリスティック』です。

代表性ヒューリスティック』とは?

直感で、世の中のステレオタイプを元に『レッテル貼り』をして決めつけてしまう思考

しかし作業服のワークマンは、長年抱いてきた「職人御用達の店」という思い込みを克服し新たな価値を創出しました。作業服の機能性と低価格が一般消費者から高い支持を得ていることに着目し、女性ブランド「#ワークマン女子」やアウトドア衣料の「WORKMAN Plus」を展開し増収増益を続けています。

人は思い出しやすいことで判断する

人には、簡単に思いつく手近な事例を判断に用いてミスをします。これが『利用可能性ヒューリスティック』です。

利用可能性ヒューリスティック』とは?

直感で、自分の頭の中にあるパッと思い出せる記憶や印象に残っている事例だけで判断する思考

飲み会では大抵の人は「とりあえずビール」とまずビールを注文します。大手居酒屋チェーンの『1杯目のビール100円キャンペーン』は「集団の中で浮きたくない」という日本人の価値観による判断を利用して集客に結び付けています。

コラム 『どうせCGなんでしょ』という心理

特撮映画の名作がリメイクされるたびに、ネットには「どうせCGなんでしょ」などと辛辣な意見がアップされます。

人の心の中には『アナログ=手作りで温かい』『デジタル=無機質で冷たい』という先入観があります。だからアナログに思い入れのあるファンは、作品を観もせずに「先人への冒瀆だ」と決めつけてしまうのです。

参考文献

ダニエル・カーネマン『NOISE』(早川書房)

ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 』(早川書房)

リチャード・セイラー キャス・サンティーン『実践行動経済学 完全版』(日経BP社)

土屋哲雄『ワークマン式 しない経営』(ダイヤモンド社)