虎ノ門で 420年の時をかける!

虎ノ門の歴史

虎ノ門は江戸時代から武家や大名が暮らす街として発展してきました。明治維新後も政府要人が集う日本の中枢となります。今日も街の中心である虎ノ門交差点周辺には官公庁や企業が集まり、現在も大規模な再開発事業が進行し、新たな歴史が刻まれようとしています。

では虎の門の旧跡で420年の歴史を振り返りましょう。

「虎ノ門遺址」
 虎ノ門の地名の由来である江戸城の虎ノ御門は、明治維新を迎えた1873年に取り壊されました。現在、虎ノ門交差点(東京メトロ銀座線虎ノ門駅8番出口)には「虎ノ門遺址」と名付けられた石碑が遺されています。

史跡江戸城外堀跡石垣
文部科学省構内には江戸城の外堀が残っています。この石垣は1636年から江戸幕府が全国の大名を動員して築いたものです。2008年の文部科学省新庁舎完成に合わせ敷地内の外堀跡石垣が展示公開されています。

「江藤新平君遭難遺址碑」
 1870年、明治政府の重鎮、江藤新平(1834-1874)はこの地で刺客に襲われます。一命を取り止めた江藤新平は、1872年に初代司法卿(現在の法務大臣)となり、日本の司法制度や警察機構の整備に尽力しました。

「新聞創刊の地」
  1874年11月2日、洋学者 子安峻(1836-1898)らが設立した日就社が、虎ノ門で日本初の大衆向け新聞『読売新聞』を創刊します。世界最大の発行部数を誇る読売新聞は、この地で約200部の部数からスタートしました。

虎の門のシンボル

虎ノ門は、1606年に『葉隠』でお馴染みの肥前国佐賀藩主の鍋島勝茂(1580-1657)が築きました。西を守護する白虎にちなみ「虎ノ御門」と呼ばれました。門自体は明治維新を迎えた1874年に取り壊されますが、虎ノ門という名称は交差点や地下鉄銀座線の駅名として使用されました。正式な地名になったのは1949年のことです。『虎ノ門遺址』は、その3年後の1952年に、”町名改称3周年“を記念として町内会の有志によって建てられたものです。

徳川家栄華の象徴

西側に「虎ノ門」を擁する江戸城。この江戸城の広大な外堀の石垣は、1636年に家康の代から続いた江戸城整備の総仕上げとして三代将軍徳川家光(1604-1651)が命じます。家光は60家の大名を6組に分け、それぞれ区域を分担し、現在の外堀通りに相当する全長14kmを積み上げました。この動員で諸大名は疲弊し徳川の天下は、ますます盤石となりました。

明治政府の権力闘争と江藤新平

1868年、栄華を誇った徳川幕府は崩壊し、明治政府が樹立されます。ところが世の常で明治政府は権力闘争の場となります。高杉晋作(1839-1867)、坂本龍馬(1836-1867)らの亡き後、維新の大立者となった西郷隆盛(1828-1877)は政府に叛旗を翻し逆賊の汚名を注がれます。1872年に初代司法卿(現在の法務大臣)となり、日本の司法制度や警察機構の整備に尽力した江藤新平も権力闘争に敗れ、政府を追われた一人です。江藤新平は、 1873年に佐賀の乱を起こし司法卿から一転、逃亡の身となり、逃亡中に自らが導入した「指名手配写真」が決め手となり捕縛され処刑されます。

虎ノ門事件と正力松太郎

1874年11月2日、洋学者 子安峻らが設立した印刷会社 日就社が、虎ノ門で日本初の大衆向け新聞『読売新聞』を創刊します。世界最大の発行部数を誇る読売新聞は、この地で約200部の部数からスタートします。当時、新聞を読むのは、一部の知識層でした。読売新聞は、漢字にふりがなと、その意味を注記した読みやすい紙面で人々の支持を得ました。

しかし1923年9月1日の関東大震災の影響で部数は激減し危機を迎えます。奇しくも創業の地 虎ノ門で起きた一つの事件が読売新聞の窮地を救います。1923年12月27日、無政府主義者 難波大助は帝国議会開院式に向かう途中、摂政宮であった昭和天皇(1901-1989)を虎ノ門で待ち伏せし狙撃した虎ノ門事件です。時の山本権兵衛内閣は全閣僚が辞職します。警備責任者 正力松太郎(1885-1969)も引責辞職します。正力松太郎は、内大臣を務めていた後藤新平(1857-1929)の助力で新聞界に転身し読売新聞を世界最大の部数を誇る新聞社に育て上げます。

讀賣巨人軍を創設し日本にプロ野球を定着させ、戦後、街頭にテレビを設置し、テレビの普及に尽力します。虎の門事件がなければ、日本のメディア史は大きく変わっていたことでしょう。

アクセス
  

【虎ノ門遺址史跡】港区虎ノ門1-1-28

【江戸城外堀跡石垣】千代田区霞が関3-1-2

【江藤新平君遭難遺址碑】千代田区霞が関3-8-1

【新聞創刊の地】港区虎ノ門1−2-7

◯最寄り駅はすべて 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」

参考文献

山田風太郎『人間臨終図鑑』(徳間書店)