商圏は 顧客の心の中にある!

3分でわかる『商圏』

魅力あふれる商圏とは? 距離だけでは測れない深い意味を解く

商圏の真の意味と重要性

商圏は、企業が影響を与える地域であり、同時に商圏とは、顧客の心に残る場所でもあります。

『商圏』とは?
 自社の活動や影響が及ぶ地域の範囲。顧客の心に永続的な印象を残す場所

現代の消費者はスマートフォンやタブレットを駆使し、商品にどこからでもアクセスできる時代に生きています。

オンラインショッピングの登場で、消費者の商圏に対する意識は大きく変化しました。

しかし、オフラインでの取引においても、商圏は依然として重要です。商圏を理解することは、顧客を獲得するためには欠かせません。

商圏は距離や立地だけでなく、感情も考慮する必要があります。なぜなら、お客様は感情的な動機や有意義な体験を求める傾向が強まっているからです。オンラインと実店舗の組み合わせや感動的な体験の提供が不可欠です。

成功戦略の3つの基盤

商圏を広く設定すれば広域からの集客が期待できますが、競合が増え、顧客の奪い合いに巻き込まれる可能性が高まります。

中小企業は限られた資源を有効に活用し、収益を上げるために商圏を地元に絞り込む戦略が有効です。地元の商圏に焦点を当てることで、自社の存在感を高め、顧客の欲求に満たす販売戦略を実行できます。

成功戦略の3つの基盤

1.顧客の欲求に合わせた提案

顧客の欲求や願望に合致した製品やサービスで、競合と差別化を図ります。

2.体験の創造

感情的な側面を考慮し、顧客体験を向上させ、消費者に訴求します。

3.コミュニティの構築

顧客との信頼関係を築くため、商圏をコミュニティの核として活用します。

モノだけでは競合との差別化が難しい時代です。地域の顧客のニーズを理解し、特徴的なコトを提供することで、顧客の心に特別な存在として位置付けされます。

たとえば、小売店舗なら店舗がコトを提供する場として印象付ければ来店頻度の向上が期待できます。たとえば、イオンモールでは、イオンモールウォーキングを旗印に、館内ウォーキングを奨励しています。シニア層がウォーキング目的で来店することもあります。休憩スペースや歩行距離表示を設け、運動後に売場やフードコートに誘導し、顧客満足度と収益の両面を高めています。

地元の人々に地域コミュニティの一員として認知されれば、顧客との長期的な関係が築けます。

参考文献
 

矢作敏行『コマースの興亡史 商業倫理・流通革命・デジタル破壊 』(日本経済新聞出版)

フィリップ・コトラー、ケビン・ケラー「マーケティング・マネジメント」(丸善出版部)

フィリップ・コトラー他『フィリップ・コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則』(朝日新聞出版)