“松竹梅” やっぱり“竹”が ちょうどいい!

3分でわかる『ゴルディロックス効果』

価格設定は消費者心理がものをいう

人はみな 「ちょうどいい」に 着地する!

『ゴルディロックス効果(2対5対3の法則)』とは、人が3つの選択肢の中から真ん中のランクを選ぶ行動心理です。

『ゴルディロックス効果とは?
人が3つの選択肢がある時に、真ん中のランクを選ぶ行動心理

うな重は価格順に超特上(松) 、特上(竹)、上(梅)の3種類があります。大抵の人は真ん中の特上を選びます。

超特上には「値段に見合わなかったら損」、上には「安かろう悪かろうでは」という不安があります。失敗を避けたい人間心理が『ゴルディロックス効果』の基本原理です。

安ければ 「訳ありでは?」と 湧く不安

あなたが普段買い物で感じる価格へのリスクは、当然あなたの会社のお客様の心の中にも生じます。

価格が高すぎれば商品は売れません。お客様が「この値段を支払うだけの価値はないのでは」と感じる高価格の閾値が『上限価格』です。

安ければ売れるわけではありません。お客様が「粗悪品を掴まされたらどうしよう」と考える低価格の閾値が『下限価格』です。

『上限価格』と『下限価格』の真ん中が、手頃に感じる『最適価格』です。つまり“松竹梅”の“竹”です。“松竹梅”を選ぶ割合は2対5対といわれています。『ゴルディロックス効果』は、無難なものを選ぶ日本人の気質そのものです。

コラム  ガス人間の実験報酬

東宝特撮映画の名作『ガス人間第一号』の主人公 水野は高くもなく安くもないちょうどいい月に2万円という報酬で生体実験に協力し身体をガス化できる特殊能力を得ます。映画公開時(1960年)の大卒初任給の平均は13,000円です。ちょうどいい報酬額が作品にリアルさを与えます。

参考文献

ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 』(早川書房)