人はつい「見た目」で選び判断する!

3分でわかる『ハロー効果』

優れた特徴を前面に押せば勝機が見えてくる

人も物も外見だけではわからない

『ハロー効果』とは、人が人物や物の価値を「見た目」など一つの目立つ特徴だけで決め付けてしまう心理です。

『ハロー効果』とは?
  人の心に、あるひとつの抜きん出た長所が強い印象となって残り、全体の評価を引き上げてしまう心理効果

人は情報の8割を視覚から得るため「見た目」は、商品の印象を左右する重要な要素です。

売り物には花を飾れ

古くからのことわざにある通り、商品の中身の良さはもちろんのことですが「見た目」をきれいに飾って売るのが商売の秘訣です。

さて、あなたは見た目の良い人物に対し、第一印象だけで「好人物に違いない」と判断したことがないでしょうか?

肝心の中身を見極めずに、つい「見た目」だけで判断してしまうのが人の心です。この心理を、アメリカの心理学者 ダニエル・カーネマン(1934-)は、著書『ファスト&スロー』の中で、こう綴っています。

自信たっぷりの美男子が壇上に上がったら聴衆は彼の意見に本来以上に賛同する

人は「見た目」などの際立つ特徴に惹かれ、神仏が放つ後光(ハロー)のように感じます。その結果「すべてが素晴らしい」と本来の実力以上の評価を下すことがあるのです。

人の目が釘付けになり後光差す!

マーケティングの目的は、お客様の脳内にあなたの会社の商品の存在を刻み付けて購買させることです。あなたの強い味方になるのが『ハロー効果』の力です。

テレビの旅番組の『お宿自慢』のコーナーは、「リピーター殺到の秘密は名物女将」と『人』や「全室趣きの異なる風情が愉しめる隠れ宿」と旅館の『設備』に焦点をあてて視聴者がひと目で分かるポイントで構成されています。

テレビの前のあなたは「女将のきめ細かい心配り」や「美肌効果が期待できる泉質」といった一点のポイントに惹かれて旅館そのものに「素晴らしい旅館ね。一度行ってみたいわ!」と高い価値を感じたのではないでしょうか?この時、あなたに生じた感情が『ハロー効果』の基本原理です。

このように「見た目」に限らず、あなたの会社の商品の際立つ特徴を、お客様に向けて前面に打ち出してアピールすることが、商品の全体的な評価を押し上げ勝機を生む力になります。

コラム 『椿三十郎』とハロー効果
 藩の不正を暴くために立ち上がった9人の若侍は、風貌の冴えない城代家老を疎んじて、見栄えの良い大目付を見た目だけで判断し信頼します。ところが三船敏郎扮する浪人 三十郎は「人は見掛けによらねえよ。危ねえ、危ねえだぜ!ツラの冴えねえ城代家老が善玉で大目付が黒幕だっ!」と若侍を一喝します。

黒澤明の名作『椿三十郎』の冒頭10分には『ハロー効果』のすべてが描写されています。

参考文献
 

ダニエル・カーネマン『NOISE 』(早川書房)

ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 』(早川書房)