「なるほど!」と顧客を唸らせ受注する!

リードナーチャリング

3分でわかる『リードナーチャリング』

『情報』は 価値と好意を創り出す!

情報で客の心にノックする!

『リードナーチャリング』とは「なるほど!」と思わず顧客を唸らせる情報を、継続的に発信して好意度を高め商談や契約に繋げる施策です。

『リードナーチャリング』とは?

顧客に有意義な情報を定期的に提供し、商品やサービスの購入意欲を高めてもらい受注に繋げる施策

『リードナーチャリング』の要諦は、情報の精度です。あなたの会社が伝えたいことを伝えるのでなく、お客様が抱える課題を解決するヒントなどお客様が欲しい情報を提供することです。

情報で 繋いで育て 強くなる!

『リードナーチャリング』の目的は、情報紙(ニュースレター)の発行、メールマガジン、ブログ記事の配信などで情報を継続的に発信し顧客の獲得(新規開拓)、顧客の維持(離脱防止・休眠客の掘り起こし)、顧客の育成(購入頻度の向上)に繋げることです。

っっr

目的情報
商品をたくさん購入してくれそうな顧客を獲得する 商品に価値を感じて貰うための情報の発信
商品をたくさん購入してくれる顧客を維持する 継続して購入して貰うための情報の発信
商品をたくさん購入してくれる顧客を育成する 購買頻度を増やすための情報の発信

あなたの会社の存在を記憶して貰います

つかず離れずの状態を保ち比較検討の時間を与えます。

あなたの会社の価値を再認識させ、繋がりを強化します。

『リードナーチャリング』を実施しても、成果を出すには時間を要します。しかし定期的に情報を発信することで、徐々にお客様の心に好意が育まれ購入を決めた時に、あなたの会社のことを思い出しやすくなります。

コラム リードと愛犬

リード(LEAD)とは、マーケティング用語で顧客、主として見込み客のことをいいます。

愛犬家のあなたは、リードというと散歩紐を連想するでしょう。リードは犬を拘束する道具ではなくあなたと愛犬の信頼関係を築くものです。同様にリードナーチャリングの目的は、お客様を拘束し従わせるためではありません。

信頼を高め見込客にあなたの会社の商品に興味を持ってもらい将来的に購入してもらうこと、既存客にさらに愛着を持ってもらい購買回数を増やすことが目的です。

参考文献

フィリップ・コトラー、ケビン・ケラー「マーケティングマネジメント」(丸善出版部)

バイロン・シャープ『ブランディングの科学 誰も知らないマーケテイングの法則11』