鉄道をビジネスに変えたイノベーター小林一三と五島慶太

小林一三(1873-1957)

阪急東宝グループ(現:阪急阪神東宝グループ)創業者、第20代商工大臣、初代戦後復興院総裁、貴族院議員

五島慶太(1882-1959)

東急グループ創業者、第2代運輸通信大臣

中流階級を生んだ沿線文化

阪急グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者 小林一三。東急グループの創業者五島慶太。2人は鉄道事業と文化事業を融合し今日の鉄道のビジネスモデルの基礎を築きました。

2人の鉄道王が目指したことは、便利で環境の良い戸建住宅に暮らし、デパートで買い物をしたり、映画や観劇を愉しむ新しいライフスタイルの創造です。

阪急、東急沿線から中流という階層が生まれ、住民の“働く夫と専業主婦の妻と子供“という世帯構成は長きにわたり日本の家族像の標準モデルになりました。

人はいないが土地は山ほどある

アメリカの巨大コングロマリット ITTのCEO ハロルド・ジェニーン(1910-1997)は1985年に著した『プロフェッショナルマネジャー』で「経営はまず結論ありき」と主張します。

本を読む時は、初めから終わりへと読む。ビジネスの経営はそれとは逆だ。終わりから始めて、ここに到達するためにできる限りをするのだ

小林一三は、経営論のバイブルと言われる本書の発表される80年前に、この終わりから始める”経営手法を実践しています。

小林一三は、阪急を創業する際に、都市の発展という大きな目標を持っていました。小林は、鉄道を敷設したり百貨店を開業することで、都市の交通インフラや商業施設を整備し、人々の生活や経済活動を支援することを狙いとしていました。小林にとって鉄道は、そのための手段に過ぎません。

乗る人がいなくて赤字になるなら、乗る客を作り出せばよい。それには沿線に人の集まる場所を作ればいいのだ。

小林は、まず最初に1907年、大阪に阪急の前身である箕面有馬電気軌道を設立します。

箕面有馬電気軌道は大阪の繁華街 梅田から紅葉の名所 箕面や有馬温泉を結びます。先行する私鉄の阪神電鉄や国鉄の鉄道網から外れた空白地帯です。

「ここには人はいないが土地は山ほどある」 小林一三は移動手段がないために放置されている街の隙間に目を付けます。この土地が、鉄道の発展とともに、関西の山の手エリアとして豊かな文化を醸成していきます。

小林は、鉄道を敷設することで、都市を結びつけ、人々の移動をスムーズにし、地域経済の活性化を促進することを目指しました。また、沿線の利用者にとっては、より快適な移動手段を提供することで、生活の質の向上に貢献しました。

清く正しく美しく

小林一三は、宝塚歌劇団を設立するなど、文化事業にも注力しました。宝塚歌劇団は、今日でも高い集客力を誇る女性の憧れです。小林は女性の地位の確立や、日本の文化発展に貢献しました。

“清く正しく美しく”をモットーにする宝塚は、沿線イメージを高める価値を生み出します。宝塚の成功は演劇と映画を担う事業 東宝の設立へと繋がります。

しかし、小林一三が文化事業を促進する意図は、単に娯楽産業を拡大することだけではありません。小林一三は、文化的な活動を通じて、人々の教養や感性を高めることで、社会全体の文化的レベルを向上させることを目指していたのです。

デパートの顧客層を変える

1929年、小林は、阪急百貨店を開業します。鉄道会社が百貨店を経営するのは世界ではじめてのことです。都市における商業活動の発展を促進し、消費者に多様な商品やサービスを提供することで、都市の経済活動を拡大することが狙いです。

従来の百貨店は、運転手付きの自動車で来店する富裕層が顧客です。鉄道を利用する人々を相手にしていないため駅から離れています。小林一三は、阪急沿線のサラリーマン層をターゲットにした中流層のための百貨店を作ります。百貨店のある梅田駅は、都市の文化的な中心地としての役割も果たし、地域社会の活性化にもつながりました。

小林一三は、鉄道や百貨店といったビジネスモデルを通じて、都市開発を支援し、人々の生活や経済活動を促進することを目指しました。小林のビジョンは、都市の発展に貢献するとともに、多くの人々にとっての利益も追求するものといえます。

渋澤栄一の田園都市構想

その頃、東京でも不動産開発の機運が高まります。渋澤栄一(1840-1931)は、1918年に田園都市会社を設立し、田園調布や洗足に土地を購入しますが事業が一向に進展しません。

渋澤は、鉄道を軸にした宅地開発で成功した小林一三に助言を求めます。小林は、鉄道院出身の五島慶太を事業を担う人材として推挙します。

総延長320km 東急王国誕生

不毛の土地に住宅地を造り、移動手段として鉄道を敷設する事業が五島慶太に託されます。五島慶太は、小林一三を師と仰ぎ、助言どおりに沿線を住宅地として分譲します。

わが鐵路、長大なり

震災による復興事業で東急は大きく拡大します。国鉄の省線(現:山手線)の内側に民営鉄道は参入できません。渋谷を拠点に西へと線路を拡張します。

戦前戦中を通じて積極的なM &Aを推進、鉄道会社を次々に吸収合併し東京急行電鉄に統合します。

1932年、渋谷ー桜木町が開通。渋谷を一大ターミナルにする計画が進みます。1934年に東京の私鉄としては渋谷駅に東急百貨店を開業し、1934年に東京の私鉄としては初の百貨店事業に進出し渋谷駅に直結した東横百貨店を開業します。1951年に店内にオープンさせたデパ地下の原点といわれる老舗を集めた日本初の名店街東横のれん街は人気を博しました。

沿線に多摩川園、1936年には2万人を収容する八角形のデザインが印象的な田園コロシアムの建設。東映の前身である東横映画を設立するなど事業を拡大します。

五島は、慶應義塾大学の日吉校舎をはじめ東京都立大学、東京学芸大学を沿線に誘致します。都立大学、学芸大学は駅前にもなっています。五島慶太は、通勤客に加えて通学客という新たなターゲット層を獲得します。上り線は都心に向かう通勤客。下り線は学校に向かう通学客が利用します。

1928年には渋谷横浜間の直通運転を行い、当時の省線(国鉄)と渋谷−横浜間の時間、距離、運賃、定期代を比較した広告を打ち出し旅客増を図ります。

戦後、五島慶太は戦後復興に尽力します。東京圏の住宅不足と生活環境の改善のため横浜市北部地域に新たな田園都市を建設すべく奔走します。

時代を変えたイノベーター

小林一三と五島慶太は、ビジネスや文化の分野において、新しい価値を創造するイノベーターといえます。2人は、鉄道や百貨店、映画会社など多様な事業を手がけることで、社会や文化の発展に貢献しました。また、それらの事業を通じて、新しいビジネスモデルや文化的な動きを生み出すことにも成功しました。

小林一三と五島慶太は、自らが、その時代の中でどのような役割を果たせるかを考え、挑戦し続けたことが成功の秘訣でした。彼らは、常に時代の流れに敏感であり、常に新しいアイデアを出して、変化に対応する能力を持っていました。その結果、2人は、日本のビジネスや文化の発展に多大な貢献をし、イノベーターの先駆者としての地位を築きました。