勝海舟邸跡 港区赤坂6丁目

勝海舟邸跡

勝海舟(1823〜1899)

幕末から明治期に活躍した勝海舟。
1860年、幕府から命じられ日米修好通商条約の批准のため咸臨丸に乗船しジョン万次郎や福沢諭吉らと共にアメリカに渡航。
帰国後に軍艦奉行に就任した勝は将軍に直訴し、神戸海軍操練所を設立。そこでは反幕派の浪人坂本龍馬なども受け入れたため幕府の怒りを買い、軍艦奉行を罷免され蟄居生活にはいる。
1868年軍艦奉行に再び起用され、第二次長州征伐の停戦交渉を任された。
幕府最後の段階では西郷隆盛と会談し、江戸城の無血開城を実現させ、江戸を戦火から守りました。
欧米寄りの明治政府を批判し日清戦争に終始反対しますが、海舟が礎を築いた海軍は日清・日露戦争を勝利に導き、日本は軍事路線に舵を切ります。
勝海舟が暮らした赤坂には、近衛師団第三連隊、第一師団第一歩兵連隊など陸軍の拠点が置かれ「陸軍の街」に変わっていきました。
1899年、氷川にて77年の生涯を終えます。最後の言葉は「コレデオシマイ」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です