ドラッカーが説く企業の根本とは?

ピーター・F・ドラッカー(1905ー2005)

企業とは、人であり、その知識、能力、絆である

企業の根本は、人と人とが信頼し合い、支え合い、刺激し合い、協働する状態をつくることにあります。「信頼関係なくして、組織からは何の価値も生まれない」と、“マーケティングの父” ピーター・F・ドラッカーは説いています。

参考資料
 

ピーター・F・ドラッカー『ドラッカーマネジメント エッセンシャル版』(ダイヤモンド社)